2-2 祈り壇のデザイン

祈り壇のデザイン

大切な人やご先祖様を、より安らかでオープンな空間の中でお祀りしたい
というお客様の思いから生まれた祈り壇は、
身近に置ける自然な形ながらも、その前に座り、向かい合ったときに、
お仏壇らしい厳かさがあり、お祀りする仏像を引き立てる空間であることを
意識してデザインされました。

祈り壇のデザイン 画像

祈り壇のデザインの大きなポイントは、
左右にまっすぐに高く立ち並ぶ
8本の円柱です。
祈り壇「響き」の円柱は、
真ん中の2本の円柱を少し細くし
内側に入れたデザインにすることで、
繊細なリズムを生み出しています。

ギリシャ式神殿や、お寺の回廊、神社の柱など、
古来より円柱は、
神聖な場所の建築に欠かせないものでした。

祈り壇に向かうと、立ち並ぶ円柱が、
まるで神殿や寺院の内部空間のような厳かさと、
空間の広がりと清々しさを感じさせ、
自然と静かに手を合わせたくなる気持ちになると
お客様のお声を頂いております。

祈り壇のデザイン 画像

日本では広葉樹の王と呼ばれ、
その生命力あふれる優しい木目が魅力の
高級銘木 欅(けやき)。

祈り壇は、国産の天然のけやきの木目を生かした
突板の木地に、艶やかな本漆塗りを施しています。

部分ごとに異なる様子の欅の木目を使い、
置き台の正面には、玉杢風の木目を選んで、
デザインのアクセントとしています。

全体にほどこされたリズミカルで美しい欅の木目には、
天然の樹の力強さと包みこむような優しさがあり、
つややかな本漆が、その美しさを引き立てます。

祈り壇のデザイン 画像

祈り壇「響き」根来漆塗り。
塗り重ねられた黒漆塗りに、
朱の漆を重ねた後に、
木地の天然のけやきの木目を研ぎだし、
その後透き漆で磨き、
はんなりとしたツヤを出す、
匠工芸ギャラリー禅オリジナルの技法です。

華やかな朱漆塗りに、
リズミカルで美しい
けやきの木目が、
暖かな生命力を感じさせる
祈りの舞台です。

祈り壇 デザイナー

「祈り壇 -響き-」は、シンプルながらも、
高さのある円柱と広々とした空間が自然な厳かさを演出します。
おかげさまで、向かうと自然に手を合わせたくなる
祈りのステージとしてお喜びいただいております。

デザイナー 原 のり子

祈り壇 商品紹介

  • 祈り壇 茶拭き漆塗り

    祈り壇「響き」茶拭き漆塗り

    自然でオープンながらも、
    厳かさを感じる祈りの舞台です

  • 祈り壇 黒拭き漆塗り

    祈り壇「響き」黒拭き漆塗り

    シックな黒拭き漆塗りが落ち着いてモダンな祈りの舞台です

  • 祈り壇黒漆塗り

    祈り壇「響き」黒漆塗り

    シックな黒拭き漆塗りが落ち着いてモダンな祈りの舞台です。

  • 祈り壇 根来塗り

    祈り壇「響き」根来漆塗り

    温かみのある朱漆塗りに研ぎだされたケヤキの木目が生命力を感じさせます。

  • 収納置き台 茶拭き漆塗り

    収納置き台 茶拭き漆塗り

    やさしく生命力のあるけやきの 木目が茶拭き漆塗りに映える置き台です

  • 収納置き台 黒拭き漆塗り

    収納置き台 黒拭き漆塗り

    つやをおさえたシックな
    黒拭き漆塗りがおしゃれな置き台です

  • 収納置き台 黒漆塗り

    収納置き台 黒漆塗り

    つややかな黒漆塗りが美しい本格的な祈りの舞台です。

  • 収納置き台 根来塗り

    収納置き台 根来塗り

    温かみのある朱漆塗りに研ぎだされたケヤキの木目が生命力を感じさせます。

  • 洗練の伝統美
  • 本格民芸モダン
オーダー漆家具 匠工芸ギャラリー禅 サイト入口
お客様のお仏壇のご紹介
建長寺華蔵院ご本尊仏厨子日輪杉柾白木

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-9-5
マンションニュー恵比寿408号
TEL: 03-3440-3844
FAX: 03-6277-1708
定休日: 日曜・月曜

休業日のお知らせ
こちらをご確認ください。


*臨時休業の場合がございますため、ショールームへのご訪問をお考えのお客様にはご予約をお勧めしております。
ご見学だけをお考えのお客様もお気軽にご連絡下さい。
ご都合により、営業時間内のご訪問が難しい場合、時間外のご予約もお気軽にご相談ください。
お電話・メールでのお問合せは随時承ります。

新しい祈りの形 祈り壇-響き